姿勢が崩せる万能シート

バスでgo

トイレ付きでよかったと思う場面

no.1

車酔いしやすい

初めての高速バスは車体の揺れに慣れないため、バス酔いする可能性があります。また、小さいお子様も体調を崩しやすくなるためすぐに対応できるようトイレ付きの車両を優先的に選びましょう。

no.2

冷え性の人

夏場は冷房がバンバン効いているのでお腹を冷やす恐れがあります。元々胃腸が弱いならエアコンの冷えでお腹を壊す可能性もあるでしょう。すぐ駆け込めるようトイレ付きのバスを選定してください。

no.3

お酒を飲む場合

利尿作用が強いお酒を車内で嗜む場合、トイレ付きじゃないと大変です。その予定があるなら念のためトイレ付きのバスを予約しておく必要があります。なお、バス会社によっては飲酒を禁止にしている事もあるため確認が必要です。

no.4

眠りを邪魔されたくない

熟睡している間にトイレ休憩が終わることもあるためタイミングを逃した場合は次の休憩時間まで我慢するしかありません。この場合もトイレ付きのバスで対応できるので焦る必要はありません。

no.5

渋滞が起こる可能性

GWやお盆はお出かけや帰省ラッシュで高速道路が混むためトイレ無しのバスだと次のSAまで我慢しなければなりません。前もって簡易トイレの準備をするかちょっと高くてもトイレ付きのバスを選びましょう。

快適な空間を作る車内設備

3列シートで快適に

長距離を移動する時は3列シートがおすすめです。ゆったりとした大型リクライニングを設置したので好きな体制で固定することができます。足元にはフットレストやレッグレフトが備え付けられており足の疲れを取ることも可能。お気に入りの体制でぐっすり眠れるのは3列シートの強みでしょう。

2人掛けはカップル向け

リクライニングをはじめ、足元に余裕が生まれるほどゆったりした空間は2掛け4列シートの魅力です。2人掛けなので寄り添いながら座れるつくりはカップルからも人気ですよ。値段もリーズナブルでよく選ばれるタイプです。

カーテンでプライベート空間

夜行バスの場合、到着時刻に合わせて睡眠を取る事があるため座席を仕切るカーテンが設けられています。プライベート空間を優先したい等の理由でもカーテン付きの車両はとても重宝されています。

充電器が差し込める

ビジネスや旅行の時に使うスマホは、途中で電源が落ちないよう前もって充電をする必要がありますがバッテリーの持ち運びが不便です。車両タイプによってはコンセント付きの便利なシートもあるので活用しましょう。

我慢しなくてもいい

特に頻尿の方はトイレにいく回数が多くなるため、次のPAまで我慢するのが大変です。人気の設備にトイレ付きの車両があるので好きな時に用を足すことができますよ。

広告募集中